特撮・アニメ・TV・映画等の個人的感想を綴る。更新日ぼやっと設定♪
2011年07月04日 (月) | Edit |
絶対、最強の恋のうた (小学館文庫)絶対、最強の恋のうた (小学館文庫)
(2008/11/07)
中村 航

商品詳細を見る


前回、この作者の別の小説を読み終えて次に読むのゎコレと決めて購入した文庫小説。

読みはじめてしばらくして全体的な疑問符が・・・。
だって、この小説の裏表紙の内容紹介もだし、以前、購入の前にネットで見た説明文みたぃのゎ明らかに女性目線で主人公が女性だたんだょ~!
新しく出来た恋人を彼と言ってるし・・・?

なのに、どぅ読んでも主人公ゎ大野くんとぃう予備校に1年通って大学に受かったオトコノコ。
意外に淡々とイロイロこなしてアッサリ彼女も作ったし??


まぁ、とりあえず読み進めてると木戸サン登場!!U\(●~▽~●)У

主人公が彼女にハマっていつもいつも一緒にいてイチャイチャしちゃって、お互いに現実のやらなきゃならなぃコトを疎かにし始めちゃたので逢う日も電話をする・される日もキッチリ決める交際をしょぅ!ってなったので友達な坂本くんとつるむコトが多くなったんだって。

で、坂本くんの地元のセンパイだた木戸さんと逢って毎週、木戸サンの家で坂本くん特製鍋をつついて飲む様になったとか。


やっぱり木戸サンだなぁw
言うコトが違うとぃうか滅茶苦茶とぃうか妙なカリスマ?( ̄m ̄〃)


前回読んだ小説の方が発行日がアトで、この小説の中の木戸サンゎ前回の木戸さんの過去編らしぃんだぁ。
でも、過去にゎちゃぁんとオトモダチと言うか、それなりにつるんでた後輩達が居たんだねぇw

木戸さんを崇拝する感じでお部屋を片付けたり木戸サンの大好きなお鍋を作りに毎週通って来てくれる子が坂本くんなんだねw
で、坂本君が木戸さんに「お鍋には魚肉ソーセージ」とぃう変な常識?(少なくとも私ゎ聞いたコトなぃケド)を教えたんだね~(+・`ω´・)ヘェ~☆

でも、ちゃんとこの時だって木戸サンゎ鶏肉鍋の時ゎ鶏肉、豚肉鍋の時ゎ豚肉の肉ばっかり食べてるんぢゃなぃかぁw


基本的にやぱり坂本くんゎいぢられ役とぃうか彼の片思いが軸になって木戸さんの滅茶苦茶さが相まって坂本くんの片思いの相手の彼氏に3人で殴りこみ行こうってなったり。

ぃやぃや、坂本くんが彼女に告白して二股かけられたとかなら解るケド・・・彼女に気持ちも伝えてなぃし彼氏のコトゎヨットマン(?)としか知らないし。
一度ゎ同意したモノの現実にやっちゃダメだろぅってコトで主人公が力づくで木戸さんを止めたり。


主人公に負けた木戸サンゎイキナリ富士山に行くぞ!とか言って自分ゎ「主人公に負けた自分ゎもぅ人生のピークを過ぎたんだ」とか言って5分目まで行って「自分ゎココで待つから、まだピークでゎなぃお前らゎこの先へ行け」とか言って先へ行かせるとかナゾ過ぎる(;´▽`A``

けきょく、この時にゎ主人公達も6分目までで富士山頂へ登れず。

確か、未来編(?)でゎ富士山頂の石が木戸サンの部屋にあったケド、アレゎニセモノなのか後半にホンモノになるのかどぅか・・・?


今日読めたのゎたぶん丁度、半分くらぃ。
 
 
 
モチロン、恒例の通院の付添での待ち時間に読むタメに購入してたので、その時に読んだんだケド・・・ホントゎ7日だと思ってたんだぁ。

そしたら、7日の前に今日、別の科の診察がある・・・とか今朝言われたんだょ!今朝!
慌てたょ~( #` ¬´#)
今日ゎとりあえず予定無かったから助かったケド・・・月曜だからか混んでたなぁε-(ーдー)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック