特撮・アニメ・TV・ゲム等の個人的感想を綴る。更新日適当設定♪
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年10月11日 (木) | Edit |
やがての螢: 京都市井図絵 (光文社時代小説文庫)やがての螢: 京都市井図絵 (光文社時代小説文庫)
(2012/02/14)
澤田 ふじ子

商品詳細を見る


何とか数回に分けて読み終えた感じなこの小説。

思ったより内容が難しくてドコを萌えドコロにして読むかが・・・ε-(ーvー;)
最後まであまり萌えなかた・・・。
(そもそも萌え系とゎ縁遠い系統のハナシだたね)
 
 
 
病院の売店で何となく買って少し後悔しつつ2~3回の通院時間をかけて読んだよ・・・。

思ってたより時代背景とぃうか昔の銭湯の裏方さんとか状況とか周りとの関係とかが難しかったぁ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。