特撮・アニメ・TV・ゲム等の個人的感想を綴る。更新日適当設定♪
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月21日 (月) | Edit |
今回借りたウォレスとグルミットシリーズはこれ。
ウォレスとグルミット ウォレスとグルミット、危機一髪! ウォレスとグルミット ウォレスとグルミット、危機一髪!
小原乃梨子、萩本欽一 他 (2004/07/28)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る
これはこの間テレビで最後の最後だけ見たのなんだけど、ボン太郎がこれがいい!と言い張るので借りたら「これ前に見たやつだ」といい出した。
保育園か何かで見たらしい。

ま、私は最後しか見てないのの前半のストーリーがわかってよかったけど。

でも、字幕と吹き替えが微妙に違うのが気になった。
意味合いこそ同じだけど「何故そこをそう変えたんだ?」と思わせる部分が多々あった。
気にするほどではないけど気になった。

とにもかくにも映し方というか構図というか、上手いなぁと思った。
しかも実写でやった方が簡単なのでは?と思う位クレイがよく出来てたと思う。
以前何かの番組でクレイアニメが出来るまでをドキュメントしてて、実写やアニメよりずっと時間がかかる場合が多いと言ってた。
私も少しそう思う。今はCGという便利な物があるから尚更だけど手で作るクレイアニメはすごいと思う。
(ちなみにこのウォレスとグルミットはどういう製作状況のクレイアニメなのかは知らないんだけど(汗))
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
魔弾戦記リュウケンドーなどでもCG合成を担当した「白組」の手により、3DCGを駆使して絵本のタッチはそのままにアニメ化。初めてテレビで見たときは、原作そのままに動き回るキャラに驚愕しました。内容も、ほのぼのとした話にペネロペの可愛いリアクションが加わり、
2007/09/30(日) 04:43:11 | アニメ シリーズの感動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。